【SEO対策】ホームページの検索順位を上げるには?

ホームページの検索順位を上げ、集客数を増やしていくためにはSEO対策が必須です。
今回はSEO対策に関する基礎知識から、ホームページの検索順位を上げるためにできることをご紹介します。

SEOとは?

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」。
自身のWEBサイトを検索結果で上位にするためにさまざまな方法を用いて対策することを、SEO対策と言います。

検索エンジンとは?

検索エンジンとは、WEB検索をした際にそのキーワードに合った最適なサイトを探し出すシステムです。
検索結果としてユーザーが求めている情報を瞬時に表示させることができます。

日本での検索エンジンのシェアは、Googleが約80%、Yahooが約10%と言われています。しかし、Yahooの検索エンジンはGoogleのシステムを用いているため、実質約90%がGoogleの検索エンジンです。

検索の仕組み

クローラーを巡回させ情報を収集する

Googleのクローラーというプログラムを用いて、世界中のあらゆるWEBサイトの内容を読み取ります。読み取ったデータは、Googleのサーバーに保存されます。

インデックスする

クローラーで集めた情報をもとに、キーワードと結び付けをし整理することをインデックスと言います。
例えば、東京都港区にある歯科医院のホームページであれば、「歯科」「港区」などのキーワードで登録されます。
インデックスされていないページは検索結果に表示されません。

検索結果を作成

インデックスしたページをもとに、キーワードと関連のあるページを見つけ出し、検索結果として表示します。

Googleアルゴリズムで検索順位を決める

Googleアルゴリズムとは、200以上ある評価基準をもとに検索順位を決定するプログラムです。
アルゴリズムの具体的な内容は公表されておらず、ユーザーに対して質の良い検索結果を表示させるために日々アップデートされています。

SEO対策の特徴

長期的な集客が見込める

ランディングページやリスティング広告では、一時的に効果が現れても長くは続きません。
ホームページは一度制作すると、ドメイン・サーバーを解約しない限りインターネット上から消えることはありません。
SEO対策をしっかりと続けていれば、徐々に検索順位は上がり、価値のあるホームページへと育っていきます。
検索順位が上がれば、ホームページを訪れる人が増え集客に繋がっていきます。

コストパフォーマンスが良い

SEO対策を専門の業者に依頼すると、それなりに費用はかかりますが、その分効果は大きいでしょう。
クリックするたびに費用が発生するリスティング広告とは異なり、SEOではそのような費用はかかりません。
ただし、SEO対策には知識が必要です。業者に依頼する際には、きちんと調べSEO対策にどの程度精通しているのかを確認しましょう。

効果が出るまでに時間がかかる

検索の仕組みでも説明したように、クローラーが巡回しインデックスされなければ検索結果として表示することはできません。
少しずつ作成したコンテンツも、インデックスされるまでに時間がかかり、その後検索結果として上位に表示されるには半年から1年ほどの時間がかかると言われています。
SEO対策の唯一のデメリットとも言えますが、我慢強く続けていくことで少しずつ結果に現れます。

簡単に始められるSEO対策

キーワードを設定する

ユーザーが検索しないワードを設定しても意味がありません。また、競合が多いキーワードも埋もれてしまう可能性があるためできるだけ避けるようにしましょう。
キーワードの組み合わせをしたり、どのようなキーワードが検索されているのかを調査してみると効果的です。

titleタグ、descriptionタグの設定

titleタグは、名前の通りサイトのタイトルを表し、検索結果として表示されます。このタイトルには、キーワードを交えて設定しましょう。キーワードが含まれていなければ、検索エンジンで引っかかりにくくなります。

description(ディスクリプション)とは、サイトの概要を短い文章でまとめたもので、検索結果でタイトルの下に表示されるものです。
この2つの設定はSEO対策では必須とされています。
ただし、内部の設定になるため、設定の仕方がわからない場合はご相談ください。

altタグの設定

altタグとは、写真を挿入する際に入れるタグで、画像の内容を説明します。
ユーザーが何らかの影響で画像を開くことができない時に、altタグに入れたものが文字で表示されます。
画像が開かれなくても、画像の内容がわかるように設定します。

コンテンツを充実させる

ホームページのコンテンツを充実させ、ユーザーにとって有益な情報を増やしていくことで、SEO対策に繋がっていきます。
ただし、文字数が多ければ良いというわけではなく、ニーズに応えることができているかが重要視されます。

また、ページ数を増やすことでホームページへの入り口が増えるため、コラムなどを書いて入り口を増やしていきましょう。
内容の薄い文章をつらつらと並べるのは非効率的です。

Googleのペナルティを受けやすいページの特徴

間違えた方法でSEO対策をすると、Googleからペナルティを受ける可能性があります。ペナルティは、検索順位を下げられたり、ひどい場合にはインデックスから削除されてしまうこともあるため注意が必要です。

  • 別のサイトやページからコピペ(コピーアンドペースト)した文章が使われている
  • 不自然なリンク(不正な方法をとって得られたリンクなど)
  • 内容が薄く、ユーザーにとって価値のないページ

集客力のないページの特徴

  • ユーザーにとって有益なコンテンツが含まれていない
  • キーワードが設定されていない
  • ページの信用性が低い

コラム・ブログを書くときのポイント

ホームページでコラムやブログを掲載している方も多いと思いますが、ただ書くだけではなくSEO対策を意識した記事を書いてみましょう。

ユーザーにとって読みやすい文章で記載する

長い文章を続けて書いたり、内容の薄い文章を書き続けてもユーザーが読みやすいとは言えません。
まとまりのある内容にするために、以下のような工夫をしてみましょう。

  • 適度に改行する
  • 箇条書きを使う
  • 画像を入れる
  • 表やグラフを使う
  • 見出し・小見出しを使い分ける

この5つを実践するだけでも、記事の内容がガラッと変わると思います。ただ長い文章を書き連ねることよりも、わかりやすさ・見やすさを意識してみましょう。
また、画像を入れる際にはaltタグを必ず挿入しましょう。

専門的な知識や有益な情報を入れる

例えば、歯科のホームページであるにも関わらず、スポーツに関する記事が書かれているとユーザーが必要としている情報とは言えません。
ページに統一感を持たせ、有益である情報を載せるとユーザーが興味を示します。
また、信用性のある内容にしましょう。嘘や作り話などを書くとペナルティの対象となる可能性があるため注意しましょう。

SEO対策に関してのご相談は歯科WEBデザインへ

歯科WEBデザインでは、SEO対策を意識したWEBサイト制作を行なっております。
ホームページ制作料金に、SEO対策も含まれているため追加料金はいただきません。
検索順位がなかなか上がらず苦戦している、集客力のあるホームページを作りたい、という方は一度ご相談くださいませ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL